このページの先頭です

40代になったら見直すべき、現代に必要な社会人スキル

2625views

投稿日:
PR記事

「上司におまえは社会人スキルがないと言われた・・・」
「人事考課の評価が下がってしまった・・・」
「役職になるため、リーダーになるために社会人スキルを身につけたい・・・」
「給料を上げてもらうため、評価をあげてもらうためにも社会人スキルを見直したい・・・」

社会人に求められるスキルは、基本的な行動力や思考力、チームワーク力の上に主体性や計画力、柔軟性が必要です。
40代から転職を考えている人や、評価が下がっているのではないかと思う人は、「社会人に必要なスキル」についてに考えてみましょう。

社会人に必要なスキル

社会人に求められるスキルは以下の3つと言われています。

  1. テクニカルスキル
  2. テクニカルスキルとは、仕事や業務を適切にこなす能力(業務遂行能力)。

  3. ヒューマンスキル
  4. ヒューマンスキルとは、人間関係をスムーズにして、人との繋がりを活用する能力(対人関係能力)。

  5. コンセプチュアルスキル
  6. コンセプチュアルスキルとは、物事の本質を捉える能力(概念化能力)。

社会人基礎力

経済産業省が2006年に「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」を提唱しています。
社会人基礎力とは、アクション・シンキング・チームワークがキーワードで、一歩前に踏み出す力と考え抜く力、チームで働く力が必要とされています。
3つのうちの1つひとつについて考えてみましょう。

  • 行動力(アクション)は、一歩前に踏み出し粘り強く取り組む力です。
  • 物事に進んで取り込む主体性や、目的を設定して確実に行動する実行力が必要です。 
    また、自分一人では微力なため、他人に働きかけて巻き込む力もいります。

  • 思考力(シンキング)は、疑問を持ち、考え抜く力
  • 現状を分析し、目的や課題を明らかにする力や課題の解決に向けた計画を立て、準備する力や創造力が必要です。

  • チームワーク力
  • 組織としての目標を達成するには、多くの人と助け合って働くことが必要です。
    自分と考えの合わない人や苦手な人とも一つの目標に向かって一緒に仕事をするときも、うまくコミュニケーションを取る能力が求められます。
    自身の発言力も必要ですが、他人の話を聞く傾聴力も欠かせません。
    その他にも次のような能力が必要です。

発言力(発信力)

発言力とは、自分の意見や知っている情報を発信するだけではなく、的確に相手に伝えて、なんらかの結果を出すことが大事。

傾聴力

傾聴力とは、相手の話を興味持って聞き、効果的に質問をすること。
効くだけでもなく、質問攻めでもなく、間合いも一つの技術ということですね。

柔軟性

柔軟性とは、意見の食い違いも理解し、自分以外の意見も柔軟に取り入れることです。

状況把握力

その時々の周囲の状況を客観的にとらえ、場を読むことです。

規律性

常にルール厳守の姿勢をもつことで、自分だけでなく組織全体の規律性を高めることに
繋がります。

ストレスコントロール力

ストレスコントロール力とは、ストレスをポジティブな方向に変える力のことです。
ストレスに耐えようとするのではなく、ストレスを受け止めながらもサラッと流せる方法を自分なりに見つけることが大切です。
どんな場合でも「一難去ってまた一難」というように仕事上でも家庭内でも、ストレスは途絶えることがありません。
ストレスに耐えて精神的に病んでしまう前に、気分転換できることを生活の中に組み込んでいきましょう。

とくに40代で必要とされる社会人スキル

主体性

主体性とは、自らの意思や判断で、物事に取り組む力をいいます。
夢を叶えるには、何事も主体性をもって行動する行動力が必要ですが、実現させるには、実現力がいります。40代に求められるスキルは、知識や経験をもとにプロジエクトを完成させる実現力が必要です。

計画力

40代に求められる計画力とは、単にスケジュールを立てることだけではなく、問題提起をし、複数の提案の中から最善の計画を考える力です。

柔軟性

40代では、さまざまな意見を取り入れることができる頭の柔らかさや、人間関係の調整ができる柔軟性が求められます。

40代で必要な資格は?

資格よりも即戦力となる「経験」

40代で資格を持っていても、とくにそれが有利に働くとは言い切れないようです。
むしろ経験がものを言います。
TOEICなどの人気のある資格よりも、どちらかといえばマイナーながら即戦力となる介護福祉関係や医療事務、電気工事士や第二種運転免許などが転職には有利。

社会人スキルをアピールしょう

40代で転職を考えるときには、謙虚に、今までの実績を伝えることが大事です。
日本人は控えめなので、自己アピールが下手な人が多いと言われています。
まして40代で転職を考えるときは、悲観的になりやすく自分を過小評価しがちです。
本当のことは自信をもって伝えるようにしましょう。

40代に利用されている求人サイトとは?

豊富な転職情報で支援する転職サイトのマイナビエージェント
転職活動の成功を全力サポート!パソナキャリア
転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント
転職者の71%を年収UPさせているプロのエージェント、type転職エージェント
転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイトのDODA
などが利用されています。

まとめ

社会人に求められるスキルは、概念化能力(コンセプチュアルスキル)、業務遂行能力(テクニカルスキル)、対人関係能力(ヒューマンスキル)と言われています。
さらなるステップアップを目指して、今一度自分のスキルを見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です