このページの先頭です

コンセプチュアルスキルって何?40代で向上させるトレーニング方法

3275views

投稿日:
PR記事

「コンセプチュアルスキルって何?」
「コンセプチュアルスキルって覚える必要あるの?」
「どうやってトレーニングすればいいの?」

物事の本質をつかみ、情報や知識を活用する能力のことを“コンセプチュアルスキル”と言いますが、独自性を生み出すには直観力も大切です。
コンセプチュアルスキルは、経営者などのリーダーに求められるスキルと思いがちですが、すべての人に必要なスキルです。

コンセプチュアルスキルとは?

経営の分野でコンセプチュアル能力の重要性について提唱した、ロバート・L・カッツ氏は、『ハーバード・ビジネス・レビュー』(1974年9月号)で、管理者に求められるスキルを3つあげています。
それは、道具を使いこなす「テクニカルスキル」、人を使いこなす「ヒューマンスキル」、事業全体を把握する「コンセブチュアルスキル」です。
とくに会社などでトップに立つ人は、さまざまな場面であらゆる情報を整理し、誰にでも理解してもらえるように伝える必要があります。

コンセプチュアルスキルとは、知識や情報などを体系立てて組み合わせ、全体的に把握する能力ですが、リーダーのみが求められる資質ではありません。

現在では経営者、管理職、一般の労働者といった図式は崩れつつあります。

例えアルバイトであっても、絶えずグローバルな視点から見たり考えたりすることを習慣づけておくことで、大きく飛躍することができます。

コンセプチュアルスキルの高い人とは、「ぶれない自分軸」があり、社会の変化や動向を読み解く力と、未来を予測する力のバランスがとれた人です。

コンセプチュアルスキルの具体例

コンセプチュアルスキルはリーダーのみが磨けばよいと言ったものではありません。

流行の洋服ひとつ選ぶのにも世の中には、一歩先におしゃれを取り入れる人と、流行り出してから取り入れる人、まったく無頓着な人とさまざまなタイプがあります。

たとえば営業などでフアッション関係のクライアントと合う場合、ネクタイ一つにしても2018年春夏のトレンドカラー「ピンク」や「イエロー」を取り入れたり、人気のドット模様をチョイスして訪問した場合、相手方の印象が違ってきます。

頭の先から足の先までトレンドフアッションでまとめるのでなく、一部分にトレンドカラーを足すだけで、自分という軸を持ちながらファッションの動向も読んでいる「時代のセンスがある人」と見られるはずです。

コンセプチュアルスキルは、日常生活のあらゆる場面で育て、磨くことができます。
視野を一歩先においてみましょう。

コンセプチュアルスキルの向上方法とトレーニング方法は?

コンセプチュアルスキルの向上方法

どんな仕事も、社会とつながっています。
生活のためだけに今の仕事をしていると割り切ってしまうと、おそらくコンセプチュアルスキルの向上は望めないでしょう。
たとえば毎日単調な仕事であってもこの仕事が社会とどうかかわっているのか?
この仕事をすることで誰がどのように喜んでんでくれるのかなど、常に広い視野に立って物事を見ることで、「ひらめき」や「想像力」が湧いてきます。

コンセプチュアルスキルのトレーニング方法

今、社会に求められているものは何かを考えて、解決法を見つけ、まとめる力を養いましょう。
まず、トレーニングは好奇心を膨らますことから始めます。
例ですが、超高齢化社会の中で70歳を超えた団塊社会の高齢者が、ジムにあふれているようです。
リタイア後の時間を体力作りに励むのは医療費削減のためにもよいことですが、このパワーを何かしら生産性のあるものに変えてはいけないかと、知人は考えました。
現在、彼はジムで知り合った人たちに声をかけ、里山の空き地を借り、季節の野菜作りを始め「天空の野菜」と名付け、道の駅などで販売しています。
ほぼ毎日をジム通いに費やしていたのが、仲間とローテーションを組み、週に1~2回を農作業にあてることにしてから、生活にメリハリができわずかながらも収入も得られてますます元気になったと言っています。
彼は、コンセプチュアルスキルがあったから、他人も巻き込むことができたのでしょう。

日常生活の中の小さな疑問や好奇心を形に変える訓練をすることが、コンセプチュアルトレーニングです。

コンセプチュアルスキル以外に必要なヒューマンスキル・テクニカルスキルについて

「ヒューマンスキル」とは、「人間力」ともいい、相手や集団との関係をスムーズに円満にすすめていく能力のことをいいます。

「テクニカルスキル」とは、「業務遂行能力」ともいい、さまざまな業務を進めていく上で必要な知識や技術的な能力のこと。

「概念化能力」の「コンセプチュアルスキル」とともに「ヒューマンスキル」と「テクニカルスキル」を磨き育てることで自分の幅が広がり、思いもかけないアイデアに巡り会うことができます。

とても難しく思えるかもしれませんが、常々、感覚や感情・雰囲気などを大切にして、感性を磨くことが必要です。

コンセプチュアルスキルの研修やセミナーについて

ネットなどで近々開催されるセミナーなどに触れてみるのも参考になるかも知れません。

コンセプチュアル思考セミナー
個とチームに新たなモチベーションを湧かせる
2018年6月21日(木)9:30-17:30
日本生産性本部セミナー室他
(東京都千代田区平河町2-13-12)
賛助会員:35,640円(税込)
一般参加:38,880円(税込)
詳細・申し込みは、日本生産性本部ウェブサイトまで

まとめ

コンセプチュアルスキルは、経営者や新製品の開発者、アーティストなどからすべての職業、家庭の主婦にも必要です。
イマジネーションを大切にして、コンセプチュアルスキルを磨いていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です