このページの先頭です

職種によって対策は異なる?転職したい職業で対応を変えよう!

824views

投稿日:
PR記事

面接は事前の準備で突破できる

面接の成功は、事前の準備次第で達成・成功するケースが多いです。

これは40代だろうと50代だろうと年齢に変わりはなくどの年代でもいえること。

40代の転職を受け入れている会社は、面接ですべての人材を判断するわけではないので、まずは自分が入社しようと思っている会社の特徴を知っておかなくてはいけません。

転職と一言で言っても、その職業はさまざまであり会社によっては求められていることがまったく違います。

技術職に転職をしようと考えているときは、面接で必要になる要素は下記のような一般的な常識に限定されているケースがほとんどです。

  • 身だしなみ
  • 態度
  • 受け答え

技術職のような即戦力が期待される現場では、最低限の礼節があれば採用することに何の支障もありませんので、引く手あまたの状態であると判断できます。

相手にとって不快に感じないように最低限の態度で面接に臨めるように準備をしておくことが大切です。

一方で、営業職や店舗での顧客を相手に仕事をする会社であるのならば、求められるのは「コミュニケーション能力」「折衝」などが必要になってくるので面接での対応がとても重要になってきます。

人と接する仕事を行うのならば相手に対して失礼のないようにするだけではなく、咄嗟の判断で行動できるだけの行動力と判断力が必要になるからです。

営業や接客業、リアル店舗での顧客を相手にする仕事などの職種の場合は下記のような点に気をつけておけばよいでしょう。

  • 相手の質問に冷静に答える力
  • 敬語を正しく使う

とくに、40代で営業職や顧客を相手とする職種を希望している場合、接客態度に通ずる対応力がとても重視されますので、上記の点は気をつけておいてくださいね。

実際に、面接が行われるときには、想像もしないような質問を投げかけられることも多いです。

「営業としてのポリシーを教えてください。」
「即興で、この〇〇を売り込んでくれますか?」
「あなたが採用される場合、弊社のメリットは何だと思います?」

などなど。。

こうしたケースでは、質問に正しく答えることを求めているわけではなく、どのような対応をとることができるのかという反応を見ていることが大半なので、冷静に受け答えすることが何よりも重要です。

履歴書は自身を最大限にアピールできるもの

履歴書は、自身を最大限にアピールできる最大の武器。

まさに「ロトの剣」です。

面接をする会社は、占い師でもなければメンタリストでもなく普通の人間ですから、あなたの現状の能力や実績を図るツールは履歴書しか存在しません。

なので、履歴書には自信をもって自分をアピールできる事について記載しておくようにしましょう。

この時に重要になるのが、面接する「会社が求めている事についてアピールする」ということです。

上記の技術職の例で述べれば、その会社が求めている即戦力の技術は何なのかという点をしっかりと考えそれを記載しておく事が重要。

たとえば、IT関連で転職を考えていたとしても、会社によって主軸としているプログラミング言語やネットワーク技術はまったく異なりますよね。

とくに、プログラミング言語に関しては会社が求める言語を理解できていないと、たとえ他の言語で非常に優秀なプログラムを作れたとしても採用されないケースがあります。

ですから、履歴書に情報を記載する際にはその会社が求めている技術を調べて、その点を積極的にアピールすることが大切です。

一方で営業職に関しては、これまでどれだけの実績をあげてきたのかをきちんと記載しておけば十分。

人と人とのコミュニケーションがポイントになる営業職や接客業では、履歴書の内容よりもやはり面接での対応力が注視されますので、この点に関しては分けて考えておくことが重要です。

転職に限ったことではありませんが、人材を採用する際にほとんどの企業は、面接にやってきた人がどれだけ自社に関する情報を知っているのかという部分を重視している企業がほとんど。

ですから、各所で確認できることや求められていることを収集しておけばその会社が最低限求めている条件を突破できます。

簡単なことですが、転職に成功するためにも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です