このページの先頭です

40代からの転職で必ず気をつけておきたいポイント3選

786views

投稿日:
PR記事

40代の転職で気をつけるべきポイントは3つ

40代で転職したいと思った時に気をつけたいのは、以下の3つのポイントです。

経歴が活かせるところに行く

40代からの転職で気をつけたいのは、今まで培ってきた経歴が活かせるところに行くということ。

40代ともなると、人にもよるとは思いますが大体の人がそれなりの職務経歴を持っているものでしょう。

今までの経験を活かせるところではなくまったくの未経験ジャンルの場合、コミュニケーション能力やマナーなどは別として今まで培ってきた経験はほぼ意味がなくなります。

つまり、経験という強い武器を持っているけどその経験を使わず別の武器で勝負しなければいけなくなるということ。

企業側も、40代の人を中途で採用する理由として、これまでの経験を活かしてもらうということを最低条件にして採用活動をしている所が多いです。

まったく経験が活かせないような会社に転職しようとしても、なかなか転職を成功させる事はできないでしょう。

もし転職できたとしても、

  • 覚える事が多くて大変
  • 上司が自分より年下
  • 給料が前職より少ない
  • 一からの仲間作り

といった「取り付く島もない」状況が待っており、転職してから後悔することになる可能性も。

必ず在職中に転職活動をする

40代からの転職活動では、必ず在職中に転職活動をすることが重要です。

突然ですが質問です。

20代と40代、能力が同じあるいはほぼ変わらない場合、採用するならあなたはどちらの人を選びますか?

きっとあなたは20代の人を選んだと思います。

40代の転職というのは、若い頃の転職活動と比べると成功しにくいです。(可能性がないという訳ではなく)

企業側サイドは20代であれば、採用したけどうまくいかなかったとしても、辞められた後に生じる問題はほとんどありません。

でしかし、40代の人を採用したとなると給料も20代や30代とくらべて高いですし、辞められた後に生じる問題は多くあるので採用して失敗するわけにはいかないのです。

どこの企業も40代50代と高年齢の採用に慎重になることが多いです。
40代50代の採用が厳しい状況にも関わらず、退職後に転職活動をしていたらどうなるでしょうか。

今まで退職後に転職活動をして半年、1年と転職が決まらずに無職状態が続いて

  • 生活が大変だった
  • 借金してしまった
  • 離婚してしまった

と悪い体験談ばかり。

無職状態が続くと履歴書に無職期間を記入しなければいけなくなりますし、この間に就職活動をしてきたけど失敗してきた人なんだというレッテルを貼られてしまいます。

精神的にも不安定な状態になるのでまさに一触即発で面接もうまくいかない事が多くなり転職成功が遠ざかってくるのです。

あるいは「もうどこでもいいや!」という気持ちになってしまい焦って転職を決めてしまい、失敗して後悔する可能性も高くなります。

後々、後悔しない為にも40代からの転職活動は、在職中に行うべきです。

会社を休みにくい、遅刻や早退はできないという状況だったとしても「転職する」と決めたのなら勇気を振り絞って行動しましょう。

マネジメント力をアピールする

40代の転職で求められている事はさまざまですが、持っていると強いのが「マネジメント力」です。

なので、履歴書の志望動機や職務経歴書の自己PR、あるいは面接などでは、今まで経験してきた「マネジメント」についてアピールすると採用の確率は大幅にアップするでしょう。

管理職や役職の募集ではなかったとしても、マネジメントを要する仕事をした事・任せられた事は強い武器です。

よく面接が失敗する40代の方で多いのがマネジメントをしてきた事をアピールしないで、「高い意欲」や「チャレンジ精神」をアピールしている人。

「高い意欲」や「チャレンジ精神」も重要ですが、「高い意欲」や「チャレンジ精神」はとくに20代や30代前半の転職において評価される点で、40代での転職では「高い意欲」や「チャレンジ精神」よりも「マネジメント」「管理力」のほうが重要になってきます。

「高い意欲」や「チャレンジ精神」ばかりをとにかく面接や履歴書でアピールし続けた結果、転職ができずに焦ってしまい、転職に成功できる可能性が少なくなっていく人を多くみてきました。

40代からの転職で成功させたいのであれば、今までの経験からの「マネジメント」や「管理力」をアピールしましょう。

40代からでも転職はできる

40代だと、「転職は成功しない」というイメージを持っている人も多いでしょうし、実際にぜんぜん成功しないという人もいるでしょう。

断言できます。

今の時代は40代からでも十分に転職ができる時代ですし企業も40代50代でも欲しいと思っている所はたくさんあります。

40代だからという理由で諦める必要は全くありません。

ただ、

  1. 経験が全く活かせられない職種には挑戦しない
  2. 在職中に転職活動をしない
  3. マネジメントや管理力を全くアピールしない

これらの注意点を守らなければ失敗する可能性が高いです。

40代の転職活動は1年以上失敗し続けると、そこから考えを切り替えてやり直していくのは精神的にも肉体的にも難しくなってきます。

もし「これから転職をするぞ」と決めたら、転職を成功させるためにも、上記3つのポイントを必ず注意して望みましょう。

見ていただければわかる通り、どれに関しても難しいことではないので、これらを頭に入れて転職活動をしていってくださいね。

応援しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です