このページの先頭です

40代の男性が転職を成功させるために覚えておくべき7つのこと

949views

投稿日:
PR記事

40歳を過ぎての転職はかなり難しいものの、転職先がないわけではありません。
ただ、求人広告には年齢制限や男女制限などが記載されていないものの、企業側は履歴書をチェックする段階で若年層を採用したい場合には、40歳以上は採用を見送ることもあります。
転職エージェントなどを利用する際には40歳以上を対象としたエージェントを選んで応募したり、非公開の募集を紹介してもらうと、効率よく内定をもらうことができます。

40代の転職は決して甘くない!現実 を知ろう

企業が40代の男性を採用する理由は即戦力ですが、即戦力だけで採用されるわけではありません。
ひと昔前とは違って、40歳以上で転職する人口の比率は増えています。そんな中で採用されるには、ある程度のビジネススキルが必要です。
若年層と違い40代以降になると企業側が支払う最低の給与額が高くなるため、採用する側もなんらかのプラスアルファがある人を優先的に採用する傾向にあります。
40代の転職が甘くない現実 として次のようなことがあげられます。

  • 40代で転職する場合、家庭を持っている人も多く、前職と同程度の収入を期待しがちですが、入社後すぐには前会社での収入を望めないのが現実のようです。
  • 前会社と同等の役職が得られない、上司が自分よりも年下などは当たり前のこととして受け入れなければなりません。
  • 40代以上の転職組を受け入れる会社は、会社の顔としてのマナーを身につけた人を求めています。

取引先や新規開拓先での失礼な態度は、会社にとっては致命的です。
若い人と違って40代には即戦力に加えて、失礼のない名刺交換の仕方や敬語の用い方などの基本的なビジネスマナーや取引先での交渉能力も問われます。
前職で求められていたとマナーと転職先で求められるマナーは違うかもしれません。
面接までに至った場合は、転職先の社風などをチエックし、基本的なマナーを書籍やネット上などで調べて確認しておく必要があります。

■40代の男性が転職を成功させるための7つのこと

40代以降は若い年代に比べて転職が難しいとはいえ、今は売り手市場。
沢山の人が転職先で活躍している状況です。

企業は人材不足?40代の転職が有利になる理由!

転職を成功させるためには次のようなコツがあります。

1、転職の理由を明確にしておく

自分自身の棚おろしをおこない、自己分析し、転職したい理由を明確にします。
転職をした結果、前の会社より条件が悪く人間関係も最悪なら転職した意味がありません。
たとえば、転職したい理由が「定時に帰宅でき、カレンダー通りに休める」とはっきりしていたら多少のことは我慢できます。
妥協できない点と妥協できる点を書き出しておきましょう。

2、大幅な給料アップは望まない

前職と同様の年収やそれ以上の給料は期待しないで、気持の充実度や幸せ度を重視するようにしましょう。

3、よほどの能力がない限り転職組はその会社では一年生と心得る

前職で管理職の経験がなければ、年下の上司のもとで仕事をするという覚悟を持つことが
大事です。

4、納得がいく転職先が見つかるまでは会社を辞めない

会社を辞めてから転職先を探すとなるとなかなか希望通り会社が見つからず、焦ってブラック企業を選んでしまう可能性が高いんです。

現在の会社に勤めながら自分一人で転職先を探すのが難しい場合は、転職エージェントなどを利用するとさまざまなサポートを得れます。

5、年齢に合った転職エージェントや転職サイトを複数利用する

年齢的に自信がなくても、40代以上を中心に人材を求めている転職エージェントや転職サイトも数多くあります。どんどん行動すれば希望にそった転職先を見つけることも可能です。
*転職エージェントはコンサルタントがつきますが、転職サイトにはつきません。

オススメの転職エージェント一覧

6、実績や専門性をアピールする

企業側が40代の転職者に求めるものは即戦力に加えてマネジメント力やリーダーシップ力です。
面接までこぎつけたなら、マネジメント能力やリーダーシップ力があることを伝えましょう。

コンセプチュアルスキルって何?40代で向上させるトレーニング方法

7、新しいことに挑戦する意欲を常に持ち続ける

    40代にもなるとバイタリティがなくなってきますが、

  • 年齢にかかわらず新しいことに挑戦する意欲
  • 常に何かを学ぼうとする姿勢

これらを、持っている人を常に企業側は求めています。
年齢に関係なく前向きな姿勢は評価されますよね。

・職業別の成功体験談をネット上でチェックし、参考にしましょう

転職して最初から「大成功」といった体験談は少なく、ほとんどの人は「よそ者扱い」をされているようです。

■年代別の年収相場や求められる能力

2017年の年代別の平均年収は20代が346万円、30代が455万円、40代が541万円、50代が661万円です。
しかし、企業によって大きな開きがあり、職種によっても違ってきます。

参考:平均年収ランキング(doda)

*DODAエージェントサービスに登録した約29万人のデータを元に、正社員として就業している20~59歳までのビジネスパーソンの平均年収がまとめられたものです。

各年代によって求められる能力は微妙に違い、20代の若い人材にはやる気や意欲、30代になると専門性が期待されます。40代以降は専門性に加えてリーダーシップ力やマネジメント能力が求められます。
*リーダーシップ力とは人をまとめる能力、マネジメント能力とは(人、金、物)などを含む総合的な管理能力です。

■未経験で転職するには

未経験の分野に40代でチャレンジするのは難しいといえますが、とりあえず一歩踏み出すことにも意義があります。
もともとやりたい仕事があったにもかかわらず、なんとなく違った方向に進んでしまい、心のどこかに「やりたいことができなかった」という無念の気持ちがあるなら、人生の折り返し地点ともいえる40代での転職は、意味がある転職といえます。
なりたい仕事が国家資格などを必要としない限りは、とくに資格が必要というわけでもありません。

特別な受験資格がなく、誰でも受けることができる国家資格もあります。

40代の女性が持っていてよかったという資格が医療事務や保育、介護の資格です。

医療事務について

保育関係について

介護関係について

40代にオススメの転職サイト

■転職エージェントを使えば成功率がアップ

転職エージェントはフォローの体勢が整っているので、履歴書の作成から職務経歴書の作成まで事務的な処理を一手におこなってもらえるのでここで時間をとられることは一切ありません。

転職エージェントを使えば求人広告やホームページに掲載されていない求人も紹介してもらえるため、本当に就きたい仕事に早く巡り会える可能性が高いです。

しかし、デメリットもあって担当のコンサルタントによっては事務的な連絡のみで、あまり熱意が感じられないこともあります。
こちら側も心を開き、本当に転職したいことを伝え、職歴やスキルについても偽ることなく話し、担当のコンサルタントを味方につけましょう。
コンサルタントに任せるところは任せ、やるべきことは自分でやることで、転職先が決まるまで、退職せずにすみます。
お願いすれば、模擬面接もおこなってもらえるので、自信をもって本番の面接にのぞめます。

まとめ

40代で転職する場合には、ほとんどの人がこれが最後の転職と思っているようですが、
終身雇用や年功序列制が崩れる中、今後どうなるかは誰もわかりません。
大手企業の倒産も珍しいことではなくなりました。
40代で転職しても転職先で定年まで働けるかどうか微妙といえるので、次の転職も視野に入れておく必要があります。
また、定年後も働くためには社内外の人脈を広げておくことが大切です。
転職先も安泰とは言えない実情の中で、自分しかできないことやこれだけは自身をもってできることを身につけて「スカウト」されるくらいになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です