このページの先頭です

仕事を辞めたいと思ったら読むべき8つの理由と転職のタイミングやうつにならない方法

904views

投稿日:
PR記事

会社を辞めたい原因には、ほぼ8つの理由があると言われていますが、この記事では、1つひとつどう対処すればベストかを考えていきます。
また、一回きりの人生を仕事のストレスでつぶされる前に、転職という選択のタイミングについても考えてみます。

仕事を辞めたいと思う8つの原因と対策

原因その1、人間関係

長い時間を過ごすことになる「職場」の人間関係がうまくいかなければ、精神的にツライものです。
対策としては、部署の異動などができないかを相談してみるのも一手ですが、直属の上司が「人間関係の悩み」の原因なら、その上司を飛び越えてさらに上の上司に相談するのはやめておきましょう。
どんなことも、まずは直属の上司に相談するのがサラリーマンの基本です。
上司に「あなたが気に入らないから、部署を異動させてください」とはいえません。
仕事を辞めたい原因のほとんどが、なんらかの人間関係がかかわっているようですが、どこに身を置いても人間関係のトラブルはついてまわります。
理不尽なことを言われても「世の中にはいろいろな人がいる」と深く考えすぎないことも大事です。

会社でいじめられる9つの理由と7つの対処法

原因その2、給料

「残業代が出ない」「手当がつかない」などといった給与面の不満は、モチベーションが下がり、仕事を辞めたい気持ちになってしまうことがあります。
対策としては、就職のときの規約などを読み返し上司に相談する方法もありますが、一笑されたり「みんな承知でやっているよ」などと言われる場合は、会社自体に問題があり、ブラック企業の可能性もあります。
納得がいかないなら転職を考えてもよいでしょう。
その際も焦らずに、今よりも条件のよいところを探しましょう。

え?私の年収低すぎ!?40代の平均年収、手取りでいくらかまとめてみた

原因その3、労働時間

労働時間の長さから、精神的にも体力的にも限界を感じてしまうこともありがちです。
体調に影響するようなら正直に打ち明けて、定時退社を申し出ましょう。
「命あっての物種」といいます。体を壊してまで長時間労働をしても、会社は責任をとってくれません。
自分の好きな仕事なら寝食を忘れて取組みこともできますが、そうでもない場合は疲労度だけが蓄積されてしまいます。
ライフワークバランスが提唱されているにもかかわらず、多くの中小企業では不当な長時間労働を強いています。結局のところは自分の身は自分で守るしかないようです。
*ライフバランスとは、国民一人ひとりがやりがいや充実を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会です。(内閣府より)

原因その4、仕事内容

与えられた仕事が自分に向いていないと思いながら仕事を続けていくのは、やりがいを感じられず、「辞めたい」と思ういう気持ちが大きくなってしまいます。
子供の頃からやりたかった仕事などがあるなら人生は一度などでチャレンジすることもありでしょう。
ただ、その際は住宅ローンや教育費を払う必要があるのかどうかなど、ライフプランの見直しも大切。

住宅ローンや教育費を払う必要がある場合は、急いで転職を考えずに、将来的なメドが立つまで今の会社で働く方が無難です。

現在の支出と将来の支出を計算しながら、着々と将来に向けての準備を始めていきましょう。

企業は人材不足?40代の転職が有利になる理由!

原因その5、社風の変化

入社後、自分の価値観と職場の社風が合わないと思うと、ポジティブな気持ちで仕事に取り組めなくなってしまいます。
実際に入社後に社風や経営方針がガラリと変わることもあります。
納得できないこともあり、転職を考えることもあると思いますが、できるだけ新しい転職先を見つけるまでは会社を辞めないようにしましょう。

原因その6、不当な評価

自分では一生懸命会社に貢献しているつもりでも、正当な評価が得られない場合は、会社を辞めたいという気持ちにもなってしまいます。
自分だけが不当な評価を受けているのではなく、社員全般が不当な評価に耐えて仕事をしているようなら会社の体質の問題です。
「原因その5、社風の変化」の対策と同じく、転職先を見つけるまでは会社を辞めず、今よりも条件のよいところが見つかってから辞めるようにしましょう。
転職の際は、あらゆる面で「今よりも条件がよいかどうか」を確認してから辞めましょう。

原因その7、ほかにやりたい仕事がある

もともと、やりたい仕事があったにもかかわらず今の会社に就職してしまった場合は、心のどこかに満たされない気持ちがあり、転職を考えてしまいます。
人生90年の時代です。
会社に勤めながら、一方で着々とやりたいことを進めて行けば、退職後に花を咲かせることもできます。
もし会社の仕事と同時進行でできる仕事なら、副業をすることで「原因その2、給料」面での不足も補うことができます。

原因その8、自身の体調不良やメンタル面

体の病気やうつなど心の病気がある場合は、休職や退職をして回復を待つのがベターな選択です。
とくにうつなどの場合、薬を飲みながら仕事を続けていると、思いもよらぬことになりかねません。
また、そこまででもなく、単に会社でミスが多かったり、仕事の段取りが悪かったりする場合は「集中力不足」かもしれません。
自分なりにonとoffの切り替えを上手にする方法を身につけることで、解決できます。
同じ作業が続く場合は途中で深呼吸をしたり、簡単なストレッチをするだけでも気分転換できますよ。

40代のストレスや体の痛みはマインドフルネスで解消!瞑想との違いや方法・効果について徹底解説。

仕事命の人は「うつ」に要注意!

働いて収入を得ることは大事ですが、仕事のし過ぎで心の余裕のなさがうつ病の引き金になることがあります。
うつ病の境目はあいまいなため、多くの人が、病院やクリニックを受診することもなく、ムリな仕事や残業もこなしているようです。

  • まじめで几帳面
  • 手抜きができない
  • 気晴らし方法がわからない
  • つい自分を責めてしまう
  • 自尊心が強く些細なことで傷つきやすい

など思い当たる人は意識して気分転換方法を身につけるようにしましょう。

感情を上手にコントロールしたい40代なら必見!コントロールする方法と改善できない理由

本当に辞める人はほとんどいない?

仕事を辞めたい理由は人それぞれで、原因が一つだけの人もいれば複数の人もいますが、ほとんどの人は、解決策を考えているうちに月日が経ってしまいます。
転職先が必ずしも今より条件とは限らず、同業種に転職する場合はともかく、異業種に転職するとなると今よりも大幅に給料がダウンすることも考えられます。

多くの人が会社を辞めたいと考えながらも「今やめると教育費や住宅ローンが払えなくなるのでは」とか、「転職先でうまくいく自信がない」「また、一からスタートするのが怖い」などと転職をためらっているようです。
転職するにあたっては、何よりも現状よりも条件がよいことが必須です。
ネット上ではさまざまな転職エージェンシーが溢れています。
転職を考えるときは上手に活用して、後悔しないようにしましょう。

40代からの転職は転職エージェントをオススメしたい理由

まとめ

会社を辞めたい原因は、人それぞれですが、上記8つの理由にどれかが当てはまるのではないでしょうか。
自分が今、会社を辞めたい理由は何なのかを、冷静に考えると今すぐやめるべきか、留まるべきかが分かってきます。
また、仕事一辺倒だけではなく、ストレスの発散方法を見つけて日々の暮らしに取り入れることをオススメします。
「仕事帰りにプールでひと泳ぎする」「ひとりカラオケをする」など楽しいことをひとつ見つけてみませんか?
人は多面体に生きることで「ラク」に生きることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です